« 煮干の誘惑と社長 | トップページ | ぴょん! »

2006年4月 6日 (木)

偏食社長を何とかする1つの方法



社長はなかなかの偏食で、ほんのつい最近まで猫缶は一切食べませんでした。
最近、なんとか猫缶くらいは食べるようになったのですが、ほんのちょこっとしか食べません。今日も残してます。食べたのは缶の4分の1以下です。


社長もそこそこのお歳なので、ごはんで出すのはシニア用です。
ご用達シニアキャット 毛玉ケア ご用達シニアキャット しらす ご用達シニアキャット ささみ ご用達シニアキャット まぐろ リンク先:オンラインペットショップ わんにゃんザックさん

たくさん買ったのに……。
ひょっとして、まずいんでしょうか?
人間でも、ダイエット用とか病人用とか、そういう食事はたいていまずいですしね……。猫用もそうなのかも。

ちょっと工夫して、ふりかけをかけてみました。
ふりかけをかけると、それなりに食べますが、ふりかけがなくなると、もう見向きもしません。

しょうがないので、ふりかけをまたかけると、また食べます。
ふりかけをかけないと食べなくなるのは嫌なので、こんな豪華仕様は今日だけです!
まったく。どうすりゃ食べるんでしょう。

ダイアリー | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196223/13586436


この記事へのトラックバック一覧です:
偏食社長を何とかする1つの方法:

コメント

コメント書きなさいよ!!